UTWS

WordPressの更新(アップデート)方法について

2020-08-14

WordPress

長い梅雨が開けて気付けばお盆シーズンに入りましたね。今年も残り4ヶ月を切っていると思うと1年があっという間に感じます。

さて、8/11にWordPressの最新バージョン(5.5)がリリースされたようですね。そんなわけで今回はWordPressのバージョン更新(アップデート)方法について簡単に書きたいと思います。

ちなみに、WordPressの更新(アップデート)にはメジャーアップデートとマイナーアップデートの2種類があります。
メジャーアップデートとは4.9→5.0、5.0→5.1などのアップデートのことを意味し、マイナーアップデートとは5.1.1→5.1.2などのアップデートのことを指します。

※以降は更新とアップデートはどちらも同義の言葉として使用します。

更新(アップデート)の主な手順

1.「WordPressの更新」画面にアクセスする

WordPressの新しいバージョンがある場合、WordPress管理画面のダッシュボード上部にWordPress ○.○ が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」と通知が出ます。(○の部分は数字です。今回はWordPress 5.5となります)

WordPress管理画面のダッシュボード

上記通知の「今すぐ更新してください」のリンクをクリックすると「WordPressの更新」画面にアクセスすることができます。

「WordPressの更新」画面

この「WordPressの更新」画面へのルートですが、管理画面の左メニューの「更新」をクリックすることでもアクセスすることができます。

WordPress管理画面のダッシュボードの画像を見ていただくとわかりますが、左メニューの「更新」の横に赤丸と数字で書かれたアイコン(画像では赤丸で6と表示されている部分)が出ていることがあります。これは何かしらの更新があることを意味しており、こちらからも「WordPressの更新」画面にアクセスすることができます。

2.更新前の準備

さて、WordPressの更新画面にアクセスしたらさっそく更新!といきたいところですが、ページ上部に「重要: 更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください。更新についてヘルプが必要な際は WordPress の更新解説ページをご覧ください。」との通知が出ていると思います。

「WordPressの更新」画面

WordPressを新しいバージョンに更新する場合、バージョンアップ後にバージョンアップ前にはなかったエラーが発生する可能性があります。ですので、更新前にバックアップをとることが推奨されているのです。

具体的なバックアップ方法については、通知内の「データベースとファイルをバックアップ」と「WordPress の更新解説」のリンクをご参照ください。

データベースとファイルをバックアップ(外部サイト)
https://ja.wordpress.org/support/article/wordpress-backups/

WordPress の更新解説(外部サイト)
https://wordpress.org/support/article/updating-wordpress/

3.WordPressのバージョンを更新

バックアップができたら「WordPress 5.5-ja に自動更新できます:」という表記の下に「今すぐ更新」というボタンがあるので、日本語版を使用している場合はこのボタンをクリックします。

WordPressが更新されている間はサイトがメンテナンスモードになるので、自動更新が完了するまでしばらく待ちます。

自動更新が終わったら完了です。

更新完了後、新バージョンの画面に自動で遷移する

WordPressを更新することにより前バージョンで見つかっていたWordPressのバグやセキュリティ脆弱性などが改善されるため、最新バージョンがリリースされた際には更新されることを推奨します。

以上、WordPressの更新(アップデート)方法についてでした。