UTWS

テレビを断捨離した件

2021-02-20

その他

コロナ禍の自粛生活、いかがお過ごしでしょうか?

僕は最近、部屋を快適にするために模様替えをしたり家電を買い替えたりしています。そんな中で『そもそもこれ必要?』と思う物を選別するようにもなりました。いわゆる断捨離です。

そしてなんとテレビを捨てました。今回はそのテレビを捨てたお話です。

なぜテレビを捨てたのか?

いや僕もテレビはさんざん見ていたんですけどね。ただ思ったほど活用していないことに気づいてしまったのです。

と言うのも、僕がテレビを見る時はたいてい録画した映画やアニメを流すくらいで、地上波番組をオンタイムで見ることはほぼありませんでした。つまりテレビが録画番組を垂れ流すだけのモニターと化していたのです。

さらに、最近の報道番組はとにかくコロナコロナ。大事なことなので仕方ないですが、中にはコメンテーターが政府に文句を言うだけの番組もあって聴いているだけでストレスでした。

というわけでテレビを捨てるに至ったというわけです。

テレビの捨て方

テレビを捨てた報告だけでも日記として成立しますが、それで終わらないのがこのブログの良いところ(だと勝手に思っている)!

テレビを捨てる経験ってあまりしないですよね。どうやって捨てたんだろう?と思う読者の方もいるのではないでしょうか?そんなわけでテレビの捨て方について共有しようと思います。

テレビは様々な捨て方があり、「テレビ 捨て方」などでネット検索してもらえば以下のようなサイトが出てきます。

テレビ処分方法【6選】家電リサイクル券・費用無料の捨て方も
https://www.takakuureru.com/magazine/615

今回僕は行政に回収してもらうことにしました。テレビは粗大ゴミかと思いますよね。実は違います。テレビは家電リサイクル法の対象になるのでリサイクル家電の回収を依頼することとなります。

僕は東京都23区在住のため、以下から申し込みました。

家電リサイクル受付センター
https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index

テレビを持ち込むか引き取りをお願いするかを選ぶことができますが、僕は引き取りを選びました。引き取りを申し込む場合は、引き取り日時を決める必要があります。また、リサイクル料金以外に運送費用もかかりました。

詳しい費用はこちら
https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/SearchRKC/

リサイクル料金はメーカーやテレビの種類(プラズマ・液晶など)によっても違うので自分のテレビのメーカーや種類を説明書や保証書などから紐解く必要があります。

僕はテレビの説明書が見つからなかったのですが、保証書で型番がわかりました。しかし、なんとメーカーの会社名が変わっていたので少し苦労しました。今はネットで調べがつきますが、昔はどうやって調べていたのでしょうね?

こういう観点からもテレビの説明書や保証書はしっかり手元に残しておくべきだと改めて思いました。

B-CASカードの返却

さて、テレビを捨てる手続きができたから完了!と言いたいところですが、大切なことを忘れてはいけません。

そう、B-CASカードの存在です。テレビによってカードの色が違うようですが僕は赤いカードがテレビに挿してありました。

このカードはデジタル放送を受信したり、スカパーみたいチャンネルを見るために必要なものらしいです。たまにカードの不具合でテレビが見れなくなったりするのもこのカードが重要アイテムだからなのでしょう。

B-CASカードを挿しっぱなしで処分すると誰かに使用されるリスクがあるので必ずテレビから抜いておきましょう。

B-CASカードの捨て方は2通り

・自分でハサミを入れて捨てる
・B-CASカードの発行元に返却

自分でも破棄できるらしいのですが、少し不安もあったので返却しようと思って、ネット検索してみたところB-CAS社のWebサイトを発見しました。

B-CAS(ビーキャス)
https://www.b-cas.co.jp/

しかし、こちら驚いたことにWeb受付がありませんでした。B-CAS社に電話をしないといけません。

『このご時世になぜ』とは思いましたが、悩んでも仕方がないので電話しました。こういう電話ってアクセス集中などで繋がりにくかったりするんですよね。しかし、タイミングが良かったのか、わりとすんなり繋がりました。

結論から言いますと、結局カードを自分で破棄することとなりました。オペレーターからも「破棄でいいですよ」と言われたので。(保証されたのに返却する必要もないですからね)

B-CAS社的にもWeb受付すると返却の対応必須になるから、あえてWeb受付がないのかもしれません。カードの裏側の金色のICチップのところにハサミを入れて処分しました。

詳しくはこちら
https://www.b-cas.co.jp/support/faq/category04/faq017.html

まだ捨てるものがある

ここまでよく頑張ったと褒めてあげたいところですが、まだ捨てるものがあります。

テレビ回収当日に無事回収してもらうことはできたのですが、アンテナコードについては回収してもらえませんでした。(ドアの前に置いていかれました)
リモコンは回収してくれたけどアンテナコードは付属品扱いではないようです。アンテナコードは別のゴミの日に捨てることとなりました。

感想

テレビ回収当日の朝、コードをまとめている時は信じられないほど寂しい気持ちになりました。子供の頃から当たり前のように身近にあったものなので、正直恋人を失った時のようなレベルで落ち込みました。

が、捨ててしまえば意外となんとでもなるものです。

情報収集に困らないか?という疑問もありましたが、今のところ私生活に問題はありません。ニュースアプリやラジオで完結しています。あえて言うなら、好きなアニメが地上波で見れないくらいでしょうか。(それも動画配信サービスでなんとでもなりそう)

むしろテレビを見る時間がなくなった分、毎日数時間が余ったので写真を撮りに出掛けたり、こうやってブログを書く時間を捻出できるようになったと思います。

しかし、やはりアニメは見たいのでNetflixやHuluといった動画配信サービスを検討中です。

テレビは捨てるだけでかなり手間があったので、今後テレビが必要な事態にならない限りは買わない気がしますね。

以上