UTWS

アニメ映画「聲の形」を観た感想

2019年2月18日

その他

青空

地上波放送を録画して以来、ずーっとHDDに残っていたアニメ映画「聲の形」。
やっと腰を据えて観賞しました。

私は事前情報をまったくチェックしておらず、唯一の情報がTVCMでした。
主題歌がaikoだったこともあり、「耳の聞こえない少女と主人公の切ない恋愛話かな。泣けそうだな。」くらいにしか思っていませんでした。

しかし、百聞は一見に如かずですね!

※ここから少しネタバレが入ります。

実際に観て感じたこと

オープニングのオシャレな演出から、「え、この方向性なの?タイトルとミスマッチだけど…」と思っていると、だんだん不穏な内容になっていきました。

小学校のいじめの描写がリアルに描かれているしね。

それからいろいろあって、主人公はかなり弱った人間になっていきます。

障害者への偏見やいじめなどの社会問題を取り扱っているので、胸が痛むこともありますが、映画は見応えありです。
現実は映画のようにいかないこともあるとは思います。しかし、この映画を観た人が、自分と相手の立場を尊重することに気付ければ、偏見やいじめを減らすことに繋がるのではないでしょうか。

とにかく、ただの青春ラブストーリーではなく、いろいろと考えさせられる映画でした。

ちなみに、小中学生の道徳の題材に良さそうだな~、と考えていたら、すでに文部科学省とタイアップしていたようです。

[映画『聲の形』:文部科学省]
http://www.mext.go.jp/koenokatachi/

オススメですので、ぜひご覧ください。

※私は映画関係者ではないです(笑)