UTWS

情報発信手段としてブログを選ぶことと、そのメリット

2019年10月20日

Webライティング

ブログ

今回は情報を発信する手段としてブログを選択することと、ブログを書くメリットについて、ざっくばらんにお伝えしたいと思います。

※「アフィリエイトで稼げるから…」といった類の記事ではありません。

さて、最近では多くの人がブログを書いていますね。内容も専門性を増しており、そんな中で独りよがりの日記を書いても、なかなか読者がつきにくいご時世になっています。

そんなわけで、ブロガーはある程度読み手のことを考える必要があるので、どんな内容のブログにすれば良いか大いに悩むことでしょう。しかし正直なところ、まずは独りよがりの記事でも良いので、書き始めることが大事だと思います。

僕は以前、別のブログで私生活や趣味のことを書いていました。当時は友人からのコメントや反応を見て、楽しく更新していた記憶があります。ただ、やはり鳴かず飛ばずのブログでしたし、自分の中に「これじゃない」感が出てきたので、更新が途絶えて閉鎖となりました。

このように、ブログ運営を始めても飽きてしまったり、忙しさのあまり更新ができないことなんてザラです。なので、今後ブログを持とうか迷っている人は、どんな形でもいいので書いてみると良いです。書いていくうちに自分の方向性や書きたい記事がわかってくると思います。

SNSでも発信はできる

いまはFacebookやTwitter、InstagramといったSNSで、誰でも気軽に情報を投稿・発信できる時代です。

これらのSNSでは友人やファンなどのフォロワーにフォローされることによって、発信した情報が友人の友人のそのまた先まで届くことがあります。自分の意見が「バズる」ことによって世の中に影響を与えることもできます。

また、このことは個人の生活のみならずビジネスにも影響を与えていますね。昔は宣伝と言えばTVCMや広告でしたが、それには莫大な広告費用がかかるため、資本力のある企業のみが目立つことができました。しかし、現代は資本力が少ない企業であってもSNSを活用することで積極的に宣伝活動を行うことができるようになっています。

ブログをオススメする理由

「じゃあ、ブログじゃなくてSNSでいいじゃん」と思われてしまいそうですが、これらのSNSとブログに共通して言えることは、どちらも「文章」がキーとなっていることです。

SNSを活用している人はお気づきだと思いますが、SNS上ではたくさんの会社や個人が宣伝活動を行っています。そんな中で、いざ自分も宣伝をする場合、ユーザーの目に留まるように試行錯誤しなくてはなりません。

Twitterなんてたった140文字で必要な情報を詰め込まなければいけません。さらにただ情報を詰め込んだだけでは読者ウケが良くないので情報の取捨選択がとても重要です。

また、自分の売りたい物はどういったユーザーを対象にしており、そのユーザーはどういったことに興味があるのかを把握しないといけません。

この点はブログも変わりません。

それは先述したように、独りよがりの日記では読者がつかないからです。やはりブログを書くからには多くの人に読んでもらいたい。そのためにはある程度、読者の目も気にする必要があります。そうなると、如何に良い内容に仕上がるかを考えるようになります。

また、SNSへの投稿はブログに比べて難易度が高いと思っています。

SNSは勢いが大事なメディアなので、数日前の情報を発信してもユーザーからの食いつきは弱いです。ですからTwitterなどには速さが求められる分、変な投稿をすると炎上のリスクがつきまといます。

ブログは公開しない限りいくらでも推敲することができるし、よほど情報の速さを求められる内容でない限り、時間をかけた記事でも読んでもらうことができます。ですから、SNSに比べてブログのほうが難易度は低いと思います。

いまはパリコレですらInstagramなどでセルフプロデュースを求められる時代ですし、会社員であっても企業の公式アカウントの「中の人」を担当するかもしれません。

こういった時代の中で、まずはブログで発信テクニックを身に着けておくことは大きなメリットになると思います。 また、日頃からブログを書いていると自分の意見をまとめる力がついたり、物事をうまく文章で表現する力がつくので、いざというときの自信にもつながると思います。

まとめ

さて、情報発信手段としてブログを選ぶことと、そのメリットについて、如何だったでしょうか。

僕は未経験でWeb業界に転職したときは右も左も分かりませんでしたが、たくさんの親切な人に支えてもらいました。また、今でもWebトレンドや技術についてネット検索するので、たくさんのブログにお世話になっています。

そんな中で思うのは「デキる人は自分のノウハウを積極的に共有している」ということです。情報をアウトプットすることで自分の知識として定着させる狙いもあると思います。

何でも見る側からする側になると新しい発見があるものです。文章を書くことに興味が出たら、ブログを選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

※使用画像の掲載元

クリエイター:yumeyumeさん
掲載元サイト:写真AC